FC2ブログ

記事一覧

「サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う」

20180821

ピンチをチャンスに。この言葉は危機管理にも当てはまるかもしれません。歴史的とか未曽有という言葉が気象の世界で使われ出したこんにち、日本を取り巻く防災の局面が変化したからこそ、人間の命を守るために最新の情報技術を活用した防災プロジェクトがIT業界にも新領域を切り拓く。これが私が有志の方々と始めた「黄金の国、ジパングプロジェクト」だとすれば、電脳空間という不可視な世界の拡大がもたらす脅威に対処する情報セキュリティは、日本の成長戦略分野になるかもしれません。新著「サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う」は、そんな思いも込めて書いた本でもあります。このところチャンネル桜のビデオレターでは、本書の内容を順次、簡単にご紹介しておりますが、8月7日の放映では暗号技術が持つ意味について取り上げました。
https://www.youtube.com/watch?v=Bc4J5l5MIqw
暗号技術の完成度を高めることは、それ自体が成長分野になるだけでなく、IoTやビッグデータ、自動運転やスマートグリッド、高度ネットワーク医療など、さまざまな社会インフラを高度化していく前提にもなるもの。暗号通貨を日本の国家戦略化する道もそうです。
詳しくはこちらをご覧ください。↓
https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12398250064.html
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。