fc2ブログ

記事一覧

和解の力と未来の選択

 今年の最後は、総理は真珠湾で「和解の力」。

 その時のオバマの演説「我々は受け継ぐ歴史を選ぶことはできない。しかし、そこから何を教訓とするかは選ぶことができる。その教訓に基づいて我々の将来を描くことができる。」

 大下英治氏のとなりで歌手のアイ・ジョージさん「ああ星雲に花負いて…撃ちてしやまぬ大和魂…わが皇軍は天降る…」、これも重い歴史。

 過去は変えられなくても、未来は選択できる。

 今年は最後に向けて、色々なタイプの会合が相次ぎ、中には、財務省の同期の浅川財務官がフルート、私はチェロを弾くという場までありましたが、人前で話をするときは「トランプ政権誕生は日本のチャンス」を言い続けました。写真は日本のダボス会議ならぬ白馬会議にて「いまこそ中間層の力で世界の課題解決先進国ニッポンを」。

 来年は、我々の将来を描くのは我々自身、という年にしたいと思います。

 良いお年をお迎えください。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。

月別アーカイブ