fc2ブログ

記事一覧

松田まなぶ 経済維新R3を発表

 今通常国会が6月26日をもって閉会となり、いよいよ参院選モードです。私は党の「経済維新R3ミーティング」の代表幹事として、2月末頃から、主として規制改革を中心に経済政策の提言をまとめてまいりましたが、6月25日、石原慎太郎代表に報告書を提出、記者発表を他の幹事議員の皆さまとともに行いました。

$松田まなぶ(松田学)のブログ

 報告書は、本文と、決して短くない『要旨』の2点セットです。ぜひ、ご覧ください。

 経済維新報告書(本文最終版PDF)

 経済維新報告書(簡略抜粋版PDF)

 26日の最後の本会議前の代議士会で、石原代表から、党の全衆議院議員に対し、参院選では他の党にない政策を訴えてほしい、そのために、松田がまとめた報告書を全員が読むように、とのお言葉がありました。このR3ミーティングのR3とは、Research、Reform、Restoration(維新)のことです。

 表題は「異次元の経済へ、維新のとき」。副題は「ネクストジャパン、日本維新の会が実現する次なるニッポン」。自民党政権では踏み込めない規制改革のタマをまとめていますが、私としては日本維新の会が打ち出す新しい経済政策の軸と、次の社会システムを展望する内容にすべく、各界の有識者や党の議員の皆さんと議論を重ねてきました。
 日本維新の会が提唱する統治機構改革も、どのような社会を実現するためのものなのかという中身を明確に示し得てこそ説得力とアピール力が出るものと思います。普通の国民にとって維新は何をしてくれる政党なのかということを示し、その手段として憲法や統治機構、あるいは道州制といった制度の議論を位置づけてこそ、有権者に対する広がりが生まれると考えました。それぞれ、党の皆さまがこれを少しでも参考にして、自らの言葉で有権者に語っていただき、共鳴が広がれば光栄です。

$松田まなぶ(松田学)のブログ

 7回にわたったミーティングでは、私が長年にわたってお世話になってきた各界の有識者の方々(報告書の最後にお名前を記載)などもご出席の上、プレゼンテーションをしていただき、私たちとの議論を通じて貴重なお知恵を賜りました。ここに感謝申し上げます。
 また、幹事の木下智彦、中丸啓、足立康史、田沼隆志、丸山穂高各議員、そして、ミーティングに参加して議論をしていただいた党の同志の議員の皆さま、おかげさまで良い知恵のコラボができ、誠にありがとうございました。
 なお、この議論の場は、もともとは国会議員団政調会長代理の中田宏議員のイニシアチブで始まったもので、最後まで絶大なるサポートを賜ったおかげで報告書の発表に至りましたことを申し添えます。この報告書の内容は、党のマニフェストや公約ではありません。党として実現を目指す政策について、日本維新の会の国会議員団が行った自由な討論の果実をまとめたものです。その際、私が長年にわたって温めてきた政策論も随所に反映させていただきました。

 日本維新の会が国政の中核を担うことで、ニッポンが次なる興国に向けて力強く歩むために、今後も微力を尽くしていきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。

月別アーカイブ