fc2ブログ

記事一覧

松田まなぶ 衆院本会議で代表質問に立つ

 今国会の最後に、衆院本会議にて6月24日、日本維新の会を代表して安倍総理に対し、G8サミット出席報告に関する代表質問に立ちました。

$松田まなぶ(松田学)のブログ

 その動画はこちらから松田学を選択してご覧ください。

 これは各党とも今国会最後の見せ場ですので、自民党からは石破茂幹事長、民主党からは野田佳彦前総理、その次が私で、その次は公明党の井上義久幹事長…と重量級の投入の中での代表質問でした。それも、昨年の衆院解散のとき以来の登壇で安倍総理とのやり取りとなった野田前総理の、約束したはずの定数是正が反故にされたことを追及したことがマスコミでも取り上げられた、さすが…、とうならせる名演説のあとでしたので、どうなるかと思いましたが、おかげさまでなんとかやりきりました。

 参院選を控えて国会では党をアピールする最後の機会でしたので、日本維新の会がなぜ国政で必要な存在なのかを訴える骨太の原稿を用意しました。

 質問原稿は、こちらをご覧ください。

 この代表質問、前週の木曜日の昼ごろに私にやれとの指示が来て、質問通告は前日との原則から、当日が月曜日なので、翌金曜日の昼までに用意せよ、と言われ、その日はすでに夜まで予定がびっしり埋まっていましたから、結局、木曜日は徹夜で質問の要旨を作成。全文の原稿自体は土日に書き上げましたが、その土日も都議選の応援、参院選の応援で予定が埋まっていたので、かなり大変でした。
 総理の答弁は残念ながら、とても答にはなっていませんでしたが、本会議という場では仕方ありません。いずれにしても、大政党では一回生議員にこのような場を与えられることはなく、名誉なことでありました。党内だけでなく、他党の議員からもねぎらいの言葉をいただきましたが、これからも質問のクォリティーへのこだわりを続けたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。

月別アーカイブ