FC2ブログ

記事一覧

トランプ・ショックが意味するものは何か(TPPと日本のリーダーシップ)~松田まなぶのビデオレター

 米国大統領選でトランプが勝利しましたが、あなたは、どちらが勝つと思っていたでしょうか。私の周囲には、トランプだと思っていたと言う人が意外と多いです。本当に?と思いますが、本当だとしても、トランプだとは言えなかった。 ましてや米国では、トランプ支持とは言えなかった人が多かったようです。大統領選直前に開催された言論NPO主催の、あるシンポジウムで、米国の世論調査の専門家であるブルース・ストークスさん...

続きを読む

TPPと国民国家。グローバリゼーションとグローバリズムは異なる。~松田まなぶのビデオレター~

 トランプが次の大統領に決まり、米国がTPPを承認するのは絶望的となる中で、なぜ日本は関連法案成立にこだわるのか、そんな声が聞かれます。 このTPPには、米国主導、米資本の利益といったイメージがもともと強いようですが、私はかねてから、「米国が」という発想ではなく、「日本が」という発想で、TPPを捉えるべきだと論じてきました。 私が予想していたとおり、交渉参加国の中からは、まずは米国抜きでも、発効要件の規定...

続きを読む

トランプ276、合理よりも感情、建前は本音の前には無力なのが民主主義なのか

 「大方の予想」が相次いで覆る。英国の「ブレグジット」に続き、米国では「トランプ276」、勝利確定の票数276票、これで、2(日本は)、7(泣く泣く)、6(無理を聞く)にならないことを祈ります。 あるシンポジウムで米国の世論調査の専門家であるブルース・ストークスさんという方が、…自分たちが子どもだったときの母親は専業主婦だったのに、今や職場では女性が進出して大活躍、50年代の偉大なるアメリカの時代まで黒人はバスに乗...

続きを読む

財政再建は景気にマイナスとの「不都合な真実」をどう打破するか~松田まなぶのビデオレター~

●経済対策の効果と財政再建の不都合な真実 アベノミクス3本の矢のうち第二の矢は「機動的な財政政策」です。政府は今年8月に安倍政権下では最大の事業規模28.1兆円の大型の経済対策を決め、その予算措置化が10月に国会で成立した補正予算で始まりました。 ただ、今回の対策もそうですが、経済対策のGDP押し上げ効果は、政府の試算数値は事業規模に比して極めて控えめ、小さなものになっています。今回の場合は、事業規模がG...

続きを読む

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。