FC2ブログ

記事一覧

松田まなぶ の名刺

松田まなぶの名刺です。11月21日の「松田まなぶを励ます会」においても、ご来場頂いた皆様へもお渡ししております。このブログでの写真や普段の自分とは、違ったイメージに仕上がっていて、とても気に入っています。スキャナの都合で荒い画像になってしまいましたが、現物はもっときれいです。...

続きを読む

したたかで美しい日本へ

 11月21日に開催された松田まなぶを励ます会は、おかげさまで会場を埋め尽くす盛会に。 維新の会の石原慎太郎代表からのご挨拶は、その一部が報道されたように、まさに今の日本のままでは死んでも死にきれないとの国家への思いに溢れていました。 櫻井よしこさんのスピーチ、松田まなぶへの力強いエールと日本のあるべき姿を重ね合わせた素晴らしいご講話に、皆さん感動してぃました。 地元を代表して、藤木幸夫・藤木企業会長...

続きを読む

「松田まなぶを励ます会」盛大に開催

今日は、横浜で、松田まなぶを励ます会を開催しました。石原慎太郎「日本維新の会」代表より激励のお言葉を頂きました。「たちあがれ日本」を結党したときからお世話になっております平沼赳夫「日本維新の会」国会議員団代表よりご挨拶いただきました。ゲストスピーカーの櫻井よしこさんからは、「素晴らしいこの国の素晴らしさを取り戻せないのが、悔しくて悔しくて、このままでは死ねないのは、石原さんだけではありませんよ!」...

続きを読む

松田まなぶ チェロの政治

私が長年弾いているチェロという楽器はとても音域が広くて豊かな表現が可能です。弦楽四重奏で音楽っくりをリードするのもチェロの役割。さまざまな価値を幅広く創り出す国をめざす政治が実現すれば、豊かなニッポン、世界をリードする国家が実現すると思います。...

続きを読む

松田まなぶを励ます会

「松田まなぶを励ます会」の開催が、いよいよあさってにせまってまいりました。櫻井よしこさんをゲストスピーカーに、石原慎太郎「日本維新の会」代表と平沼赳夫「日本維新の会」国会議員団代表を来賓にお招きします。場所は、ロイヤルホールヨコハマ。18時会場です。詳細はこちらをご参照ください。写真は昨日、横浜駅西口で行ったの街頭演説の様子です。...

続きを読む

「太陽の党」神奈川県第一支部街頭情宣

本日は、横浜市内で、街頭の皆様へお訴えさせて頂きました。13時過ぎから、センター南駅にて。15時ごろに、新横浜駅前。そして、16時に横浜駅西口です。多くの方々にご清聴いただきました。また、青年部をはじめ、支援者のみなさんにもお手伝い頂きました。ありがとうございました。街頭演説の際にお配りしましたチラシをアップします。...

続きを読む

太陽の党と日本維新の会との合流協議

太陽の党と日本維新の会との合流協議が大詰めです。難産した子は育っと言われます。日本が次の局面へと大きく動くとき、それは色々なことがあるでしょう。めざすべき頂上はしっかりと見据えていかねばならないと思っています。 昨日も、学校法人経営者、郵便局長、元県会議員など、各界の多くの方々と語り合いました。薄っぺらい改革スローガンではなく、本物の「組み立て」と日本全体の再設計こそが求められている。このことは、...

続きを読む

国益をめぐる総選挙を

 ついに「近いうち」解散が現実のものとなりました。 わずか3か月の寿命となった野田政権の最後の内閣は、自分も政権に入ったという「思い出づくり内閣」として終わることになりました。 最近、「解散をめぐる攻防」という言葉が紙面に踊ってきました。政策をめぐる攻防ではありません。私たち国民が見せられてきた政界劇は、政権をめぐる党利党略と、次の選挙で落選したくない議員たちの「就活」の劇場でした。本来、政治とは...

続きを読む

衆議院解散へ

既に報道されているとおり、衆議院が16日に解散される見通しとなりました。12月4日公示、12月16日投票です。旧勢力に代わり、新勢力で新たな日本を。いよいよ、ニッポン興国に向けて力を結集するときが来たと思います。太陽の党で、日出国、ひいずるくに、の再建です。...

続きを読む

石原慎太郎「太陽の党」共同代表来たる!

11月21日開催の「松田まなぶを励ます会」(詳細はこちら)に石原慎太郎「太陽の党」共同代表が来ます!!櫻井よしこさんもゲストにお迎えします。11月21日18:30よりロイヤルホールヨコハマで開催します。詳細はこちらをご覧ください。〇この催しは、政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティーです。...

続きを読む

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。