fc2ブログ

記事一覧

コロナ&ワ●情勢101・配信2/18・日本は頬かむりと泣き寝入りの後遺症難民国家?・井上先生QA

新型コロナワ●被害の申請件数が1万件を越えましたが、実際には泣き寝入りが多く、申請に至らないケースが多く、ワ●が原因と認識されていないケースが多いと想像されることから、1万件は氷山の一角と考えられます。ワ●接種率と超過死亡数が世界一の日本では、ワ●接種開始後に毎年10万人以上の超過死亡数を記録し続けています。井上正康先生は、「その『主因は老衰』とされているが、超高齢社会の日本でも3年間で一気に老衰が激増す...

続きを読む

メディアが真逆を伝え続けてきたトランプ氏の実像と米国政治の真相…JCU議長あえば浩明氏との対談

トンデモナイ大統領が再選の可能性?…トランプ氏ほど、実際とは著しく異なる誤った印象を日本国民が持ち続けてきた政治家は珍しいでしょう。主要メディアによる情報操作の恐ろしさを改めて感じさせる対談となりました。「トランプに最も近い日本人」、あえば浩明氏が、知られざるトランプ氏の実像を語っています。日本の政界は政治とカネの問題で大騒ぎですが、米国は日本とは比較にならないほど、カネによって政治が支配されてい...

続きを読む

コロナ&ワ●情勢100・配信2/4・真実の発信ついに百回目、立ち上がろう日本国民・井上先生Q&A

今回で、この「オミクロンの正体」シリーズも100回目となりました。ロシアのウクライナ侵攻の頃から毎週のように、井上正康先生のコメントを届けてきたことになります。この間、ずっとオミクロンが続いてきましたが、不思議なことに、これが喉風邪であるという認識は未だに定着していません。mRNAワ●については、このニコニコチャンネルでのシリーズで、YouTubeでは決して言えない医学的な真実を配信し続けてまいりました。参...

続きを読む

コロナ&ワ●情勢99・配信1/28・「医産複合体」の犯罪から日本国民を護るために・井上先生Q&A

 軍産複合体という言葉があります。これは、「軍需産業を中心とした私企業と軍隊、及び政府機関が形成する政治的・経済的・軍事的な勢力の連合体」を指す概念だとされています。彼らグローバリズム勢力の利益のために世界中で戦争が起こされ、多数の無辜の民が犠牲になってきました。今回のコロナ禍を通じて、最近では「医産複合体」という言葉が誕生しています。軍産複合体をこれに言い換えると、「製薬産業を中心としたグローバ...

続きを読む

コロナ&ワ●情勢98・配信1/21・迷信深い?日本人の今年の課題は「コロナ脳から科学脳へ」

 能登半島地震の被災地では、新型コロナなど感染症の拡大が恐れられています。今回の番組では、Youtubeの方の冒頭で、発症予防対策をどうするか、井上正康先生からの貴重なアドバイスをご紹介しています。ぜひ、この内容を避難所で不安な日々を過ごす被災者の皆さまに届けて頂くことを、まずはお願い申し上げます。 被災地だけではありません。丸三年もの過剰なコロナ対策で日本人の健康は大変厳しい状態になっており、特に子供...

続きを読む

アメリカに口うるさくモノ言う日本を…真の独立国になるために・山下英次氏との対談シリーズより

山下英次博士との歴史認識対談シリーズは「独立国になるために日本は何を為すべきか?」篇に入りました。今回はその(上)です。では、何を為すべきか?(1)第一に、メディアが告白・懺悔すること。メディアの公共性を考えれば、日本を非独立国に置いてきたその罪は深く、これは不可欠。GHQが去ったあとも、誤った歴史認識で、その洗脳を日本国民に対して徹底し続けた。参政党は国際社会の現実や日本の歴史の真実を学び、日本を守...

続きを読む

コロナ&ワ●情勢[97]1/14配信・WHO世界政府から日本民族を守る国民運動を・井上先生Q&A

 元旦の能登半島地震を契機にリスクマネージメントや危機管理の議論も活発になっており、これを専門とする総合的な政府組織の設置なども提案されていますが、その前に、そもそも日本は、リスクや緊急事態に向き合うだけの実践的で科学的な思考や素養を各分野で著しく欠いた国になってしまっているのではないかと心配しています。自然災害に対しては米国のFEMAのような専門的な救難機能もありませんし、避難所などは基本的人権の国...

続きを読む

コロナ&ワ情勢[96]1/7配信・IHR改悪は阻止!今年を甲辰らしい新時代の年に・井上先生Q&A

 国史啓蒙家の小名木善行氏によると、昨年の癸卯の年は、良からぬものがポタポタ漏れ始め「なんじゃこれは!」となる年だったそうです。確かに、昨年はmRNAワ●の毒性や被害が多くの国民にバレ始めた年でした。そして今年の甲辰の年は、今までの権威や権力のボロが出て、「ろくな連中ではない」と非難轟々となり、新しい時代が始まる年であるとのこと。5月のパンデミック条約・IHR規則の改悪が予定されている今年は、まさにそのよ...

続きを読む

コロナ&ワ●情勢[95]・今年もワ禍に備えるために正しい知識の普及を・井上先生Q&A

 新年を迎えましたが、世界では例外的に国民の多くが7回目の接種を続けている日本では、コロナ・ワ●問題はまだ終わっていません。むしろ今年はワ問題で大変な年になりそうですので、より多くの国民が感染症の正しい知識で武装する必要性が高まっていると思います。今回は、昨年末の大晦日の日に配信された井上正康先生のコメント入り番組をご紹介します。昨年は、このテーマについて新たな事象が次々と現れた年でした。 昨年5月...

続きを読む

コロナ&ワ●情勢94 12/24配信・もはや「まさか」はパンデミックには通用しない井上先生Q&A

この世には「まさかという坂がある」と、かつて某総理大臣が述べましたが、ここ数年の日本の状況をみると、もはやこの世で「まさか」という言葉の意味はなくなったようです。そのことが最も典型的に現れたのが三年以上に及んだ新型コロナ騒ぎとmRNAワ●に対する大誤解。日本人が子供の頃から何度も罹ってきた土着コロナの70倍もの感染力を得たオミクロンに対する感染防止など、土台、人間には無理であり、あたかも「サーフィンの波...

続きを読む

プロフィール

matsuda-manabu

Author:matsuda-manabu
松田政策研究所は、松田学を中心とした講師・研究員が、これからの日本の未来に関する国家像や社会の在り様について総合的な調査・研究 を行い、夢を持てる国づくりの基盤を創り、社会と国家の発展に寄与するのが目的です。

月別アーカイブ